不動産はどう使うべきであるのか

一言に不動産といっても色々と種類がありますが、基本的には使ってこそ、という財産になります。
名前の通り、財産であるわけですが、現金などと違って貯蔵をすることができないです。
その土地にあるわけですから換金性はかなり高いといっても売るまでに時間がかかります。
時間的なロスがある、というのは実はかなり厳しいことになります。
また、持っているだけでもお金がかかることになりますから、これもなかなか厳しい点といえるでしょう。
しかし、上手く活用することによってこれ以上ない利益を引き出すことができるような財産でもあります。
それが貸すことです。
不動産は貸すことによって一定の期間、一定の金額を得ることができるようになります。
もちろん、借りてくれる人がいれば、という話ではあるのですがそれでも十分にやってみる価値はあるでしょう。
現金がないとしても不動産投資ローンなどがありますから、それでお金を借りて、というのも一つの手になります。